歯磨きの仕上げには歯間ブラシと洗浄液がおすすめ

口臭や虫歯、歯周病の原因になる、口の流れの汚れは、非常に気になりますよね。

ドラッグストアには、色々な歯ブラシや歯磨き粉が売られています。

 

数十円で購入できる安いプライベートブランドの歯ブラシから、300円程度もする歯ブラシまで、値段も様々です。

高い歯ブラシや歯磨き粉を使って、歯磨きができたと思われている方、多いのではないでしょうか?

歯磨きは、何も意識せずに、口の中を磨いているだけでは、十分に、口の洗浄ができているとは考えにくいです。

 

それは、歯ブラシで歯の表面が磨けていても、歯と歯の間に汚れが残ってしまうからです。

歯ブラシは、毛先が細い物や太い物、ヘッドの部分の大小があったり、異なる形状の商品があります。

 

しかし、どのような歯ブラシも、基本的には、歯の表面の汚れをかき出しているに過ぎません。

 

歯の表面に向かって、縦横に歯ブラシを動かしながら、歯の表面はきれいになりますが、歯間には、汚れが残っています。

 

さらに、歯の表面からとれた汚れの一部は、歯間に入り込み、歯間に汚れが蓄積する場合があります。

 

十分に磨けずに、歯間に残ったままの汚れは、細菌が住み着き、細菌が繁殖すると、口臭等の口のトラブルに繋がります。

そこで、歯ブラシで歯磨きを終えた後、仕上げとして、歯間ブラシの使用が必要です。

 

歯間ブラシは、歯間に詰まった食べかすや汚れを直接ブラシで、かき出す事ができます。

今は、歯間ブラシにも色々な種類があります。

 

歯並びは、個人によって違いがありますので、歯間の大きさも、個人で異なります。

 

大きな歯間ブラシだと、歯間にブラシが入れられない人でも、小さいブラシを選べば、十分に歯間を磨けると思います。

 

ドラッグストアの歯間ブラシの商品パッケージを見ると、『Sサイズ ○○mm』といったように、歯間ブラシのヘッドの大きさが書いてあります。

 

最初は、安い物で歯間ブラシの大きさを見極めながら、自分にあった形状や歯間ブラシを見つけていくと、良いと思います。

 

また、歯間ブラシで歯間を磨いた後、ブラシでも残りやすい細かな汚れ落としの最終仕上げとして、口腔洗浄液を使うと、より良いと思います。

 

この口腔洗浄液は、災害の等、水が使えない時の口腔ケア手段としても、注目されています。

 

慣れないと、洗浄液自体がピリピリして、とても使えないと言われる人もいるかもしれません。

 

そういった場合は、低刺激の洗浄液もありますので、刺激の少ない商品から、始めていくと良いと思われます。

歯ブラシで、歯の表面の汚れをかき出した後、仕上げに歯間ブラシや口腔洗浄液の使用が効果的です。

効果を感じ、使用感にはまってしまうと、歯間ブラシや洗浄液なしでは、歯磨きを終えられないかもしれませんね。

 

ぜひ、一度、試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です