月別アーカイブ: 2017年12月

はははのはを使って簡単歯磨き♪歯磨きの重要さと方法も解説!

歯のお手入れは毎日欠かさずコツコツと!!

歯は大事です。まず見た目の印象、健康など行動まで変わってきます。

私は酷い歯並びでした。歯茎も結構露出していて子供頃は八重歯(鬼歯)グッキーなどとよくからかわれていました。
そのせいで写真に写るのが嫌だったし、笑うのも歯茎が出るからあまり大きな口を開けては笑えませんでした。
私が20歳になった時に歯医者さんで先ず八重歯を抜きに行きました。上一本、下一本です。そして親知らずも二本抜きました。痛かったなぁ。でもたったこれだけで私は綺麗になれるんだと信じて頑張ったものです。
そして月日は流れて結婚、出産をしました。

出産後に歯が脆くなり変色もみられました。タバコも吸っていたせいでしょうか。
また歯コンプレックスが再発したのです。
また笑顔が少なくなっていたと思います。
そこで決心しました。前歯上下6本ずつセラミックにしたのです。治療は痛かったけど綺麗になれるんだとまた自分を、励まして頑張ったのでした。
歯茎も黒ずんでいたので薬品を塗り火傷のような状態にし、1枚皮がめくれるのです。するとピンク色の皮膚になっているのです。この治療も痛かったです。そしてセラミックの色は一番白くして欲しいと頼み真っ白で透明感のある美しい物にしていただきました。口元が完璧になるとまた自然と笑顔も増えていくものなのですね。
自分で言うのも何ですが美しい笑顔だったと思いますよ。

結局のところ私は子供の頃からの歯コンプレックスがあったので歯にうるさい人間になってしまったのかもしれません。
次は子供達です。2人の息子がいるのですが私に似たのか大人の歯が生えそろった頃には歯並びは良くありませんでした。
小学校低学年から歯の矯正をする事になったのです。子供達はそれは嫌がりました。私は矯正をした事がないのですが、あれはとても痛いのですね。器具のせいで口内炎ができ食事もしにくいし歯磨きも難しくなる。
これは大変でした。
だけど将来、自分の歯で美しい歯並びであることがどれ程大事かと分かる時が来るのです。
毎日2人を励ましてお手入れのチェックをしました。
おかげで2人の息子の今は矯正器具も外れ自身の歯で美しい笑顔です。

それに美しい笑顔だけじゃなく健康な歯は身体の健康にも繋がるんですもの。良いことずくめですね。
私の現在は毎日の朝晩の歯磨きに歯間ブラシ、2ヶ月に一回の歯科検診&歯科医によるクリーニングを欠かしません。

もちろん息子達もです。
これからも歯を大切にしていきたいと思っています。

お気に入りの歯ブラシは出張だろうが旅行だろうが必ず持参

たまに行く楽しみな旅行、せっかく存分に非日常に浸れるというのに、生活臭を宿にまで持ち込むのはちょっと憚られるものなのですが、私の場合、普段利用し慣れ親しんでいるアメニティグッズを丸ごと袋に入れ旅先に持ち込んでいます。
普段やり慣れたグッズで顔の手入れをした方が断然気分が落ち着くから、というのが大きな理由。それらの中でも特に歯磨きセットに関しては、絶対に譲れないものがあります。
歯ブラシに関しては自分なりにかなりマメに様々な製品を試し、最も歯茎への当たりが良く、かつ隅々までしっかり磨ける製品をチョイスしているつもり。旅行だからと言って宿備え付けの歯ブラシを利用すると、その大きな違和感にペースを乱され、その後常に口の中が気になって素直に旅行を楽しめないケースもあるからです。
一概には言えませんが、多くの宿が採用しているアメニティの歯ブラシはブラシの先端が硬過ぎ、これまでの自分のペースや力加減で磨こうとすると、ついつい歯茎への刺激が強くなってしまい、後にヒリヒリ感が長く残ったり、ちょっとした知覚過敏の様な症状に見舞われてしまうケースがあるのです。

一番おすすめの歯磨き粉はずばりはははのはです。はははのはを使う事によって口臭予防だけではなくホワイトニング効果も実感できるのです。はははのはの専門家によるサイトではこのように記されています。

はははのはの効果、どのくらいの期間使ったら白くなるのか?気になるところですね。

もちろん使った初日に歯が真っ白になった、という即効性はありません。

これは個人差があって正確に言えないというのが、本当のところでしょう。

公式サイトには「まずは1ヶ月間毎日続けて歯の白さをご実感ください。」と記載されています。

はははのはは1本で約1カ月分です。

研磨剤も入っていませんし、ステインを浮かし少しづつ汚れを確実に落としていく歯磨きジェルなので1カ月かけて黄ばみを落とします。

毎日歯磨きして一本使いきったところで、歯の状態を見て下さい。

できれば使う前の写真をとっておくと、比較しやすいと思います。

毎日見ている歯ですから、少しづつの変化は気付きにくいですよね。

写真を見て「こんなに変わってきているんだ」と実感できるでしょう。
引用:はははのは108人の口コミを調査した現役歯科衛生士の評価と使い方

去年も出張時に運悪く歯磨きセットを自宅に置き忘れ、仕方なしに出張先のホテルのアメニティを利用したのですが、やはり歯磨き後のヒリヒリ感や違和感が残ってしまい、中々仕事に集中出来ず大変だったものです。
現在自宅には急な宿泊絡みの外出に備え、お気に入りの歯ブラシのスペアを5本程確保しています。サイズや硬さも違う為家族に無断で使われる恐れも無く、これでようやく安心出来るといった具合です。
歯ブラシの値段こそ大したものではありませんが、その製品を安定して置いているお店が自宅から結構遠くて購入が面倒臭く、自然とある程度の量を買い置き、という手段を取る様になりました。本来ならばもっとスペアの本数を増やしたいところでしたが、他に買う人の事も考えこの程度の本数に留めています。
もう少し気分を大らかに持って、たとえ愛用の歯磨きセットを忘れても出先にドラッグストア等のお店があればそこで改めて購入すればいいじゃないか、という人もいるでしょう。確かに出先のエリアによってはそれも可能かも知れませんが、仕事柄、また趣味柄、発展した街中ではなくかなり自然に近い不便なエリアに出掛けるケースが多く、周囲に目立ったお店も無くその様な手段を中々取れない、という現実もあります。
いずれにせよ、お気に入りの歯ブラシを確定させたら絶対に持参リストの中から漏れない様、そして置き忘れの無い様、最終チェックを欠かさない事が大事なのです。

歯磨きは力まずあまり意識しない方が歯や歯茎に優しい!?

歯を磨く時の力の入れ具合について、あまり深く考えず適当にやっている人は結構多いと思います。実はそれで良いのかも知れません。というのも、歯や歯茎にとってはむしろその程度の力が適切であり、歯を綺麗にしようと変な強迫観念を持って、力んでゴシゴシと磨いてしまうと、逆に大きな負担を掛けてしまう事になりかねないからです。
かつて私がやっていた歯磨きのやり方がまさにそれ。とにかく少しでも強く、ブラシの先端を歯に当てようと力んで磨き続けた結果、歯茎が若干後退気味となり知覚過敏を併発してしまっただけでなく、歯自体も若干削れ、特に下の前歯が細くなり歯石が溜まり易い状態となってしまったのです。
今となっては後悔してもどうしようもないのですが、歯の根元だけがキュッと細ったへんてこな姿となり、それがコンプレックスの一つとなってしまったのですが、その後歯科検診を受ける折に相談し、比較的安価で削れた箇所に丈夫なレジンを充填してもらい、何とか見られる姿に修復してもらいました。
同時にアドバイスを受けたのは、やはりブラッシングへの誤解とその方法の修正。とにかく歯ブラシをガッチリ握り力みまくって磨くのは止め、軽く握って細かく歯ブラシを動かし、歯の隙間の細かな部分までブラシの先端を届かせる事に意識を集中させよ、というものでした。
始めのうちはやはり力みの方が勝ってしまい、力を上手く加減する事が出来なかったのですが、1ヶ月程経つとようやく手首からも力みが消え、ほんの軽い力でブラシの先端を歯の隙間や歯周ポケットの奥深くまで届かせる事が出来る様になったのです。
手首の感覚に神経を集中させていると、次第にブラシの先端が歯のどの部分に入りストロークしているのかが分かる様になってきます。特に歯肉との間に広がる歯周ポケットの存在が手に取る様に分かって来るもの。ブラシの先端が歯肉に与えている刺激の具合でポケットの大きさや深さ、最深部にまで達しているかまで把握出来る様になります。
一旦それが分かれば、適度な刺激が痛みに変わった時、それが力みである事を理解出来ますから、それ以上手先に力を加えるのをすぐに止め、より優しいブラッシングに切り替える事が出来るのです。
適当に磨いていると、自然と歯肉への痛みを避ける様になりますから、意外と歯や歯茎にも優しいのです。ただそれだけでは歯垢を完全に落とす事は難しく、やはり細かな所までブラシの先端を届ける意識付けは大事。それを無意識のうちにこなせる様になれば、ぐんと歯磨きが上手になると思うのです。

歯磨き粉を選ぶのならばはははのはが一番です。